Home » カジノ関連ニュース » 台湾、カジノ解禁



台湾、カジノ解禁

2013-03-11

台湾、カジノ解禁へ 2017年にも併設リゾート
 
台湾政府交通部(国交省)の「国際リゾート村計画審査方法」の草案がこのほど議会を通過し、早ければ2017年にもカジノを併設した国際リゾート村が開業されることになった。すでに、マカオなどからの問い合わせが相次いでいる。
 
台湾企業では懐徳(かいとく)連合開発が2400億元(約7600億円)の投資を表明。馬祖(まそ)島にカジノを建設し、対岸の福州市に700ヘクタールの土地を確保して国際観光ホテルを誘致。昼は馬祖島でカジノ、夜は福州に宿泊するというプランを打ち出している。
 
同社によると、同事業により8万人の雇用を創出し、多大な経済効果を生むとしているが、ターゲットである中国人観光客の呼び込みには、台湾での賭博行為を禁じている中国政府との交渉が必要で、今後最大の懸案となるとみられている。
 
【2013年3月11日 琉球新報】
 

関連記事 :

William Hill Casino Club 日本語
Spin Palace
Casino Swiss
ワイルドジャングルカジノ
32レッドカジノ
Casino Las Vegas
DORA麻雀
Casino King
Noble Casino
Party Casino
JP-JPC 1600-Banner125x125
GCC_350 Free_JP


William Hill 日本語

タグ: , , ,



Copyright(c) 2012 オンラインカジノ&ゲーム情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share