Home » カジノ関連ニュース » 大阪と「相乗効果」?和歌山もカジノ誘致へ! 2024年度の開業を目指す



大阪と「相乗効果」?和歌山もカジノ誘致へ! 2024年度の開業を目指す

2019-01-28

大阪との「相乗効果」ねらい 和歌山もカジノ誘致へ 2024年度の開業目指す(ABCテレビ) – Yahoo!ニュース

大阪に続き和歌山県もカジノを含む統合型リゾート施設、IRの開業を目指します。時期は2024年度です。

和歌山県がIRを誘致する場所は、和歌山マリーナシティで、すでにインフラ設備などの整備は完了しているということです。IRは国内で最大3ヵ所と定められていますが、同じく誘致を目指している大阪夢洲のIRとの相乗効果を狙い、2024年度の開業を目指します。県は、大阪との同時開業で和歌山のIRに年間400万人が訪れ、経済波及効果は3000億円に上ると試算。今後、事業者の選定に向け、来年度の予算案に2億円あまりを計上する方針です。

【Yahoo!ニュース】

関連記事 :

William Hill Casino Club 日本語
Spin Palace
Casino Swiss
ワイルドジャングルカジノ
32レッドカジノ
Casino Las Vegas
DORA麻雀
Casino King
Noble Casino
Party Casino
JP-JPC 1600-Banner125x125
GCC_350 Free_JP








Copyright(c) 2012 オンラインカジノ&ゲーム情報 All Rights Reserved.
Top