大阪の新スポットで本格的なカジノイベント

本格的なカジノディーラーを養成する「IR GAMING INSTITUTE JAPAN」(大阪・本町)によるカジノイベントが20日、大阪・新今宮の「YOLO BASE」で開かれ、おしゃれに着飾った若い女性客を中心に100人が参加した。

会場となったホテル「YOLO BASE」はいま、大阪で最も注目を集めている新スポットのひとつ。レストランやバーも備わっており、参加者は食事やお酒をとりながらゲームに興じた。

今回のイベントではルーレット、バカラ、ブラックジャック、ポーカーのテーブルが用意され「IR GAMING INSTITUTE JAPAN」の講師らがディーラーを担当。ラスベガスのカジノホテル宿泊券がもらえるトーナメントも実施された。

大阪など関西圏からの参加がほとんどだったが、なかには東京や名古屋から来場しており、その中の1人、バハール・イシャナズさんは「日本にも早くカジノができてほしい。2020年代後半なんて遅すぎ」とカジノ解禁が待ち切れない様子だった。

本場ラスベガスで15年のディーラー歴を誇り、今回のイベントを運営した「IR GAMING INSTITUTE JAPAN」代表のロッキー片桐寛士さんは「思った以上の反響でした。次回の開催を楽しみにしてください」とIRの未来に手応えをつかんでいた。
大阪IRの開業はコロナ禍により、2020年代後半にずれ込んだが、停滞ムードを吹き飛ばすようなイベントとなった。

【IAG Japan】

オススメのオンラインカジノ


ベラジョンカジノでは、完全日本語対応したスマホ対応のHPが用意してありアクセスする端末(PC、スマホ)の種類によって、自動的に対応しているHPを表示する仕組みになっています!

インターカジノは、完全日本語対応ですから安心してプレイすることができます。Gambling Online Magazineのベストカジノ賞を、2001年から6年連続で受賞しているオンラインカジノです。

Mystinoはヨーロッパのオンラインカジノ業界で成功を収めているグループ企業を立ち上げた、業界のベテランたちによって運営されているカジノです。

ラッキーニッキーは2017年に、エンターテイメント性が高くプレイしやすいオンラインカジノを目指し、業界の経験を積んできたメンバーによって運営開始されたカジノです。

ライブカジノハウスは今年、2018年1月に誕生した新しいカジノですが、すでに多くのユーザより人気を博し、急成長を続けています。名前の通り、ライブカジノ専門のカジノ

チェリーカジノはなんと1963年創業の老舗カジノ。長年の経験から、プレイヤーがストレスを感じることなく楽しむための工夫があちこちに施されています。
JP Aff 500x400 Jpg
スポーツベットは、完全日本語対応のブックメーカーです!ゲームの説明などはもちろん、チーム名や選手名も日本語に対応。

ウィニングキングスはVIP向けの本格オンラインカジノです。KINGS CLUBではキャッシュバックプロモーションなど、王にふさわしい皆様に満足いただける特典が用意されています。

フリー雀荘よりも安く、裏賭博の代名詞”マンションレート”よりも高い!?対人戦だから出来た本物のギャンブル、それがDORA麻雀です!
スピンパレス
2001年設立のスピンパレスはオンラインカジノ業界で最も人気のあるカジノの一つとして数々の賞を獲得。スピンパレスは、世界中のプレーヤーに愛されるオンラインカジノです。

Bettlitは欧州で創業開始した、カジノゲームのみならず、スポーツベッティングも楽しめる歴史あるオンラインカジノ。ゲーム提供会社が多い!ゲーム数が多い!

独自のリベートシステム「ギャンボラプラス」で、勝っても負けても、賭けの一部がキャッシュバック!しかも、VIPに限らず、すべてのプレイヤーがリベートをもらえます!

ビットカジノは、業界初政府公認オンラインBitcoinカジノです!名の通り、ビットコインを使ってゲームがプレイできるオンラインカジノサイトです!

2019年7月に日本語サイト運営を開始したばかりの新しいカジノですが、ゲーミング業界で長年の経験を積んだカジノ専門家によって運営され、シンプルながら充実したサービスを提供しています!

Casumoは短期トーナメントで気軽に勝負できる、フレンドリーなカジノ!カスモで制作されたオリジナルスロットゲームもあり!ここだけの楽しみを味わえます!

ロトランドでは、様々な国のロトを取り扱っています。その数はなんと、20以上!たくさんの国の様々なロトがあるので、24時間365日、好きなものを選んで遊ぶことができます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る