Home » カジノ関連ニュース » 「オンラインカジノ合法化」のインパクト from USA



「オンラインカジノ合法化」のインパクト from USA

2012-05-16

米国発「オンラインカジノ合法化」のインパクト:日本経済新聞

ゲームジャーナリスト 新清士

コンプリートガチャ(コンプガチャ)問題で揺れる日本のソーシャルゲーム。

ゲームで獲得できる仮想カードをオークション(競売)サイトなどを通じて現金化できるリアルマネートレード(RMT)問題や、どこまで射幸性が許されるのかという課題が突きつけられている。

一方、米国ではまったく違う方向に進む動きが出ている。

オンラインギャンブルを違法と位置づけていた米政府が、それを認める方向に大きく方針転換したのだ。

「法律の管理下」という条件が付きながら、米ソーシャルゲーム企業は新たに生まれつつあるチャンスを目指して一斉に動き始めている。

 
■オンラインギャンブル「解禁」の司法解釈が生んだ変化

いま状況は大きく変わりつつある。昨年12月に米司法省は、議会からの強い圧力にこたえる形でギャンブル法案の解釈を修正し、「オンラインギャンブルは可能である」という方針を打ち出した。背景には保守的なブッシュ政権に変わってIT(情報技術)企業から多くの支援を受けているオバマ政権が生まれ、政府の態度が変質してきたことがある。

法解釈の変更により、ビジネスチャンスを求めて、多様な動きが出始めている。

アメリカでは州単位でギャンブル(カジノ)の合法性が決められるが、2012年には、オンラインギャンブルが認められる州が少なくとも一つは出てくると見られている。

すでにギャンブルが活発な街を持つ、コロンビア州、ネバダ州、ニュージャージー州、アイオワ州が一斉に合法化に向けた準備を始めており、さらに10の州が検討を始めているという。

 
■法律に基づいた合法的なRMT行為

4月にはサンフランシスコで「Global iGaming Summit& Expo」が開催されており、100人以上の講演者に、昨年の2倍の参加者を得た。

多くの行政の政策責任者が参加しており、基調講演は米下院議員が務めた。

講演の内容は具体的で、「ネバダ州でインターネットポーカーの最初の運営規定をまとめたことから得た経験」といったタイトルが並ぶ。

調査会社のKontagentは、一般的なソーシャルゲームに比べてカジノゲームは「1人当たりの売り上げが40%も高い」という調査結果を明らかにしている。

同社のジェフ・テセングCEOは「(オンラインカジノは)アクションを起こすべき、最もホットな分野」とした上で、同社が同分野での知識やデータサイエンスを駆使することで、「高い熱中性、高い収益性を備えたソーシャルカジノゲームの開発に貢献できる」と訴えかけている。

もちろんオンラインギャンブルの合法化に反対する声もあるが、大きな解禁の流れの中でかき消されている。

米国における合法化の動きには、英国企業が世界に向けてサービスを展開し、資金を集めていることも対抗する意図もありそうだ。

米国に住んでいても、インターネットを使えば海外のサイトでゲームを遊ぶことができるからだ。

他国のゲームに資金が流れるぐらいであれば、国内で正規に制度化して財源にした方がよいとする考え方だ。

英国のオンラインカジノは、日本からもプレーすることができる。

厳密にいえば、日本の法律上は違法である。

しかしネットという国境を越える仕組みがある以上、現状では具体的な禁止策を講じることは難しい。

今後、米国での合法化が実現すれば、オンラインギャンブルを展開している各社はもちろん、プラットフォームを提供するフェイスブック、さらにはアップルなどスマートフォン(高機能携帯電話)を扱う企業にとっても重要な収入源へと変わる可能性が高い。

これは米国が法律的な裏付けのある「合法的なRMT制度」を整備する動きだと言い換えることもできる。

そして日本にもネットを通じて、いや応なく、サービスが流れ込んでくる可能性は十分にある。

 

関連記事 :


カジノゲームがメインのゲーミングプログラムとは異なる、15,000人以上の従業員数と英国内に2370店舗ものブックメーカー店を誇る世界トップクラスのブックメーカー。

ベラジョンカジノでは、完全日本語対応したスマホ対応のHPが用意してありアクセスする端末(PC、スマホ)の種類によって、自動的に対応しているHPを表示する仕組みになっています!

インターカジノは、完全日本語対応ですから安心してプレイすることができます。Gambling Online Magazineのベストカジノ賞を、2001年から6年連続で受賞しているオンラインカジノです。

カジノシークレットはゲームに勝った時の賞金やキャンペーンなどのボーナスが、カジノ通貨ではなく“キャッシュでもらえる”カジノ「キャッシュ」で還元する仕組みで話題!

エンパイアカジノ(正式名称:エンパイア777)のコンセプトは、ライブディーラー好きなプレイヤーのためのカジノ。ライブディーラーに特化したオンラインカジノです!

ラッキーニッキーは2017年に、エンターテイメント性が高くプレイしやすいオンラインカジノを目指し、業界の経験を積んできたメンバーによって運営開始されたカジノです。

Mystinoはヨーロッパのオンラインカジノ業界で成功を収めているグループ企業を立ち上げた、業界のベテランたちによって運営されているカジノです。

独自のリベートシステム「ギャンボラプラス」で、勝っても負けても、賭けの一部がキャッシュバック!しかも、VIPに限らず、すべてのプレイヤーがリベートをもらえます!

CASINO-Xは2012年に運営開始したオンラインカジノで、2016年から日本市場に参入しています。使いやすさ重視のサイト作りと万全の日本語サポート体制で、日本人プレイヤーから定評があります。

2019年7月に日本語サイト運営を開始したばかりの新しいカジノですが、ゲーミング業界で長年の経験を積んだカジノ専門家によって運営され、シンプルながら充実したサービスを提供しています!

まね吉は2019年9月18日に運営開始したばかりの新しいカジノですが、ヨーロッパトップのカジノ会社が日本にフォーカスして作り上げた、待望のゲーミングサイトです!

ロトランドでは、様々な国のロトを取り扱っています。その数はなんと、20以上!たくさんの国の様々なロトがあるので、24時間365日、好きなものを選んで遊ぶことができます。

カジ旅は、これまでのカジノゲームとは全く違う「クエスト型カジノゲーム」という、コンセプトのカジノプログラムです。

Bettlitは欧州で創業開始した、カジノゲームのみならず、スポーツベッティングも楽しめる歴史あるオンラインカジノ。ゲーム提供会社が多い!ゲーム数が多い!

「カジノ王国」は、AndroidとiOSアプリとして提供されるソーシャルカジノアプリです。基本無料でアイテム課金制という形を取っています。

ライブカジノハウスは今年、2018年1月に誕生した新しいカジノですが、すでに多くのユーザより人気を博し、急成長を続けています。名前の通り、ライブカジノ専門のカジノ

チェリーカジノはなんと1963年創業の老舗カジノ。長年の経験から、プレイヤーがストレスを感じることなく楽しむための工夫があちこちに施されています。

2019年ついにスマートフォン版が登場!フリー雀荘よりも安く、裏賭博の代名詞”マンションレート”よりも高い!?対人戦だから出来た本物のギャンブル。それがDORA麻雀!

スポーツベットは、完全日本語対応のブックメーカーです!ゲームの説明などはもちろん、チーム名や選手名も日本語に対応。
スピンパレス
2001年設立のスピンパレスはオンラインカジノ業界で最も人気のあるカジノの一つとして数々の賞を獲得。スピンパレスは、世界中のプレーヤーに愛されるオンラインカジノです。





タグ: , ,



Copyright(c) 2012 オンラインカジノ&ゲーム情報 All Rights Reserved.
Top