Home » カジノ関連ニュース » 日本のカジノ収入は年間2兆円へ



日本のカジノ収入は年間2兆円へ

2014-05-22

米カジノ運営大手、MGMリゾーツ・インターナショナルのエドワード・バウアーズ上級副社長は20日、日本でカジノが解禁された場合、年間収入は200億米ドル(約2兆円)に達するとの見通しを示した。

これはマカオの昨年のカジノ収入の約半分、ラスベガスの約3倍に相当する。

ただ、カジノ法案の今国会での成立の可能性については「五分五分」との見解を示した。

香港紙「明報」(21日付)など複数メディアが伝えた。バウアーズ上級副社長は、仮に今国会で審議入りしなかった場合、秋の国会で優先的に審議される可能性はあると付け加えている。

また、カジノ税金については、シンガポールのようにハイローラーと一般客で異なる税率を適用する方式であれば、競争力を持つことができると指摘。

なお、マカオでは一律39%の税率が適用されている。

MGMリゾーツは現在、マカオで大型カジノリゾート「MGMマカオ」を運営。「マカオのカジノ王」として知られるスタンレー・ホー氏の一族と共同出資している。

ロイターの報道によれば、MGMリゾーツは日本での統合型リゾート(IR)の運営を巡っても、パートナーとなる国内企業を模索しているもよう。

その一例として、パナソニックの名前を挙げたという。

<NT>

関連記事 :

William Hill Casino Club 日本語
Spin Palace
Casino Swiss
ワイルドジャングルカジノ
32レッドカジノ
Casino Las Vegas
DORA麻雀
Casino King
Noble Casino
Party Casino
JP-JPC 1600-Banner125x125
GCC_350 Free_JP








Copyright(c) 2012 オンラインカジノ&ゲーム情報 All Rights Reserved.
Top
Bookmark and Share