海外口座の開設方法!銀行での作り方やおすすめの海外口座を紹介します!

富裕層と海外口座

海外口座とは、海外に本店を置く銀行の口座のことです。海外口座は日本の銀行と同様に普通預金口座と当座預金口座があります。海外では小切手が日常的に使用されているため、普通預金口座ではなく当座預金口座を開設するケースが多いです。

オフショア口座

海外口座は「オフショア口座」と呼ばれることがあります。海外口座とオフショア口座は基本的には同じ意味ですが、タックスヘイブン(租税回避地)にある銀行のことを特に「オフショア銀行」と呼ぶことがあります。

海外口座を開設すると、旅行や出張などで海外に行ったときに現地の銀行で現地の通貨を引き出せるだけでなく、資産運用をする際にも役立ちます。メリットだけでなくデメリットも存在しますが、この点については後ほど詳しく説明します。

海外口座の作り方

海外口座は、基本的には現地の窓口に赴いて開設することが必要です。しかし、一部の海外口座は日本にいながら開設することも可能です。ここでは、海外口座の開設方法について、海外での開設方法と日本での開設方法に分けて解説します。

海外での開設方法

海外口座は現地(海外)の窓口で開設するのが基本です。開設方法は国や銀行によって異なりますが、窓口の担当者とは英語でのやり取りが必要になってきます。銀行によっては通訳を同席させて良い場合があるので、英語が苦手な方は事前に確認しておきましょう。

また必要書類として、本人確認書類はパスポートを使用できます。また口座開設時に入金するために、現金やクレジットカードの持参も必要です。

その他の必要書類は、国や銀行によって異なりますが、現地での住所を確認できる書類やビザ(査証)の提示は必ず求められます。

日本での開設方法

海外口座は日本からオンラインで開設したり代理店を通して開設することが可能です。ただし、全ての銀行が日本で開設できるわけではなく、日本で口座開設ができるのは米国ユニオンバンクなど一部の銀行に限られます。

例えば三菱UFJ銀行では、アメリカのユニオンバンクとパートナーシップを結んでおり「カリフォルニアアカウント・プログラム(米国)」にて口座開設を代行してもらえます。わざわざ米国に行かなくても口座開設できることは大きなメリットでしょう。

申し込みに必要な書類は以下の通りで、手続き完了後、およそ3~4週間で口座開設ができます。

海外銀行の日本支店

一部のフィリピンの銀行などでは、日本支店にて口座開設ができます。日本支店で口座開設ができる海外銀行はかなり少なく、フィリピンや中国、香港などの銀行に限られます。海外銀行の日本支店での口座開設手続きは、窓口の担当者と相談して進めます。

ただし、中国や香港などの銀行では日本支店で口座開設をしても日本国内でしか使えず、海外では使えないケースが多いです。海外銀行の日本支店で口座開設をする際は、海外でも使えるかを確認しておきましょう。

海外口座開設のメリット

海外口座を開設することで、資産運用をする際の投資対象の金融商品が豊富になるなどのメリットがあります。それでは、海外口座開設のメリットについて見ていきましょう。

外貨への分散投資ができる

海外口座を開設するメリットは、外貨への分散投資ができることです。日本円だけでなく外貨でも資産運用をすることで、為替変動のリスクヘッジになります。

また、万が一日本が財政破綻した場合も大切な資産を守れます。日本は国の借金の総額が約1,200兆円もあり、世界一の金額になっています。

ただし、日本は世界最大の対外純資産保有国でもあり、資産と借金のバランスで見ると短期的には財政破綻のリスクは高くないと考えられます。さらに、発行している国債の約9割を国内で保有していることも安心材料です。

預金金利が高い

海外銀行は日本国内の銀行よりも預金金利が高いことも、海外口座を開設するメリットです。日本の普通預金の金利は0.001%ですが、アメリカの普通預金の金利は0.01%、オーストラリアは0.05%、中国は0.30%、タイは0.25%と日本よりも高金利です。

世界的に低金利の状態が続いているため、以前と比べると高金利の恩恵は少なくなっているものの、海外銀行の金利は日本の10倍以上になっています。カンボジアなどは普通預金の金利は1%台なので、日本の金利の1000倍以上になります。

投資対象が豊富になる

海外口座を開設すると投資対象が豊富になることは大きなメリットです。国内の銀行口座では投資できない金融商品も購入できるので、理想的なポートフォリオを組みやすくなります。

日本は金融商品の規制が厳しく、日本の銀行で販売できる金融商品は限られています。海外口座を開設すると現地の国の法律が適用されるため、日本の銀行では販売できない魅力的な金融商品を購入できます。

また、香港やシンガポールなどの税金が安い国・地域の海外口座だと運用益にかかる税率が低く、節税効果が得られることもメリットです。ケイマン諸島などのタックスヘイブンに本社があるオフショア銀行では税金はほとんどかからず、大きな節税効果が得られます。

海外口座開設のデメリット

  • 口座開設方法が限定されハードルが高い
  • 言語や法律が異なり手続きが大変
  • 口座維持手数料(メンテナンス費用)がかかる

最後に

お金をただ眠らせておくのではなく、どう動かしてどう増やすか。お金持ちにとって海外口座は今や当たり前の選択です。また、世界の富豪たちがカジノに夢中になるのもお金を動かしていると言えます。

マネーゲームに勝ち続けるためにどういった選択肢があるのかを知ることが大切です。

オススメのオンラインカジノ


ベラジョンカジノでは、完全日本語対応したスマホ対応のHPが用意してありアクセスする端末(PC、スマホ)の種類によって、自動的に対応しているHPを表示する仕組みになっています!

インターカジノは、完全日本語対応ですから安心してプレイすることができます。Gambling Online Magazineのベストカジノ賞を、2001年から6年連続で受賞しているオンラインカジノです。

Mystinoはヨーロッパのオンラインカジノ業界で成功を収めているグループ企業を立ち上げた、業界のベテランたちによって運営されているカジノです。

ラッキーニッキーは2017年に、エンターテイメント性が高くプレイしやすいオンラインカジノを目指し、業界の経験を積んできたメンバーによって運営開始されたカジノです。

ライブカジノハウスは今年、2018年1月に誕生した新しいカジノですが、すでに多くのユーザより人気を博し、急成長を続けています。名前の通り、ライブカジノ専門のカジノ

チェリーカジノはなんと1963年創業の老舗カジノ。長年の経験から、プレイヤーがストレスを感じることなく楽しむための工夫があちこちに施されています。
JP Aff 500x400 Jpg
スポーツベットは、完全日本語対応のブックメーカーです!ゲームの説明などはもちろん、チーム名や選手名も日本語に対応。

ウィニングキングスはVIP向けの本格オンラインカジノです。KINGS CLUBではキャッシュバックプロモーションなど、王にふさわしい皆様に満足いただける特典が用意されています。

フリー雀荘よりも安く、裏賭博の代名詞”マンションレート”よりも高い!?対人戦だから出来た本物のギャンブル、それがDORA麻雀です!
スピンパレス
2001年設立のスピンパレスはオンラインカジノ業界で最も人気のあるカジノの一つとして数々の賞を獲得。スピンパレスは、世界中のプレーヤーに愛されるオンラインカジノです。

Bettlitは欧州で創業開始した、カジノゲームのみならず、スポーツベッティングも楽しめる歴史あるオンラインカジノ。ゲーム提供会社が多い!ゲーム数が多い!

独自のリベートシステム「ギャンボラプラス」で、勝っても負けても、賭けの一部がキャッシュバック!しかも、VIPに限らず、すべてのプレイヤーがリベートをもらえます!

ビットカジノは、業界初政府公認オンラインBitcoinカジノです!名の通り、ビットコインを使ってゲームがプレイできるオンラインカジノサイトです!

2019年7月に日本語サイト運営を開始したばかりの新しいカジノですが、ゲーミング業界で長年の経験を積んだカジノ専門家によって運営され、シンプルながら充実したサービスを提供しています!

Casumoは短期トーナメントで気軽に勝負できる、フレンドリーなカジノ!カスモで制作されたオリジナルスロットゲームもあり!ここだけの楽しみを味わえます!

ロトランドでは、様々な国のロトを取り扱っています。その数はなんと、20以上!たくさんの国の様々なロトがあるので、24時間365日、好きなものを選んで遊ぶことができます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る