貯金1億円で資産運用!おすすめのポートフォリオや資産形成シミュレーション

資産運用とカジノ

貯金1億円ある人は「資産を守る」ことを意識しながら資産運用をすることが大切です。資産運用の安全性を高めるには複数の金融商品に分散投資することが重要であり、金融庁もリスクを減らす方法として分散投資を推奨しています。

分散投資

分散投資をするには、投資対象の金融商品の配分比率を定めたポートフォリオを作成することが必要になってきます。事前にポートフォリオを作成しておき、ポートフォリオに則って投資をすることで、資産を守りながら資産を増やすことを目指せます。

この記事では、貯金1億円ある人が分散投資をする際のポートフォリオの一例を紹介します。それと同時に投資期間30年のシミュレーションも行い、長期投資による複利効果を検証します。

貯金1億円ある人におすすめの資産運用方法やポートフォリオ

貯金1億円ある人が分散投資する際のポートフォリオの一例を紹介します。なお、資産運用は余剰資金で行うのが原則であるため、以下では貯金1億円ではなく、余剰資金1億円で資産運用することを前提とします。

国債:1000万円(10%)

1億円で資産運用する際のポートフォリオでは、1億円のうち10%の1000万円を国債で運用すると安全性を高められます。変動金利型10年満期の個人向け国債の利回りは0.08%(2021年5月現在)であり、1000万円を年率0.08%で運用すると年間8000円の利益が得られます。

1000万円を国債で運用しても利益はほとんど得られませんが、普通預金の金利の0.001%と比べると国債で運用する方が有利です。年率0.08%の低い利回りであっても、長期投資をすると複利効果で資産形成に寄与します。

なお、個人向け国債は最低金利保証があり、経済情勢に関係なく年率0.05%の利回りが保証されています。

外貨預金:2000万円(20%)

1億円で資産運用をする際は、1億円のうち20%の2000万円を外貨預金で運用すると、普通預金や定期預金で運用するよりも資産形成に寄与します。外貨預金の金利は通貨によって異なりますが、例えば米ドルの場合は0.01%程度です。

2000万円を年率0.01%で運用すると、年間で2000円の利益が見込めます。国債と同様に期待できる利益は少ないものの、普通預金の金利の0.001%と比べると外貨預金で運用する方が有利です。

また、1億円で資産運用をする際は「守りの運用」を心がけることが大切です。外貨預金や先ほど紹介した国債は利回りは低いですが、守りの運用に大きく貢献します。

株式投資:1500万円(15%)

1億円で資産運用する際のポートフォリオでは、1億円のうち15%の1500万円を株式投資に回すと資産を増やすことに貢献します。株式投資は銘柄によってはハイリスク・ハイリターンのものもありますが、資産全体の15%程度であれば問題ないでしょう。

株式投資の平均利回りは5%前後なので、1500万円を年率5%で運用すると年間で75万円の利益が見込めます。さらに、株価が上がった時点で売却すると売却益が得られ、10%以上の利益の獲得も期待できます。

株式投資の注意点として、株価が大きく下落したときに備えて、損切りルールなどの投資の方針を事前に決めておくことが大切です。

不動産投資:2500万円(25%)

1億円で資産運用をする際は、1億円のうち25%の2500万円で不動産投資をするとポートフォリオのバランスが良くなります。不動産投資では、家賃収入から経費を差し引いた利益が毎月得られます。

2500万円の自己資金があれば、投資できる不動産の選択肢も増えるので、条件が良い物件を選択できます。

不動産投資の利回りは物件によって異なりますが、都心のワンルームマンションに投資する場合だと約3〜5%の利回り(表面利回り)が期待できます。2500万円を年率5%で運用できたとすると、年間で125万円の利益が見込めます。

なお、都心と比べると地方の物件はハイリスク・ハイリターンであるため、安全性を重視したい場合は立地条件が良い都心の物件の方が向いています。

ヘッジファンド:3000万円(30%)

1億円で資産運用をする際は、30%の3000万円をヘッジファンドで運用すると資産形成に大きく貢献します。ヘッジファンドは、不景気であっても年率10%以上の絶対収益の獲得を目指して運用するので、景気の状態に関係なく資産を増やせる可能性があります。

3000万円を年率10%で運用すると、年間で300万円の利益が見込めます。ヘッジファンドはリスクヘッジ(リスク回避)しながら運用するため、安全性を重視して資産を増やしたい方に最適です。

なお、ヘッジファンドで資産運用するには最低でも1000万円は必要になりますが、1億円の余剰資金があればヘッジファンドでの資産運用は可能です。

貯金1億円で30年間の資産運用シミュレーション

貯金1億円を年率5%で複利運用すると、運用を始めてから15年目に資産は2倍になり、30年目には4倍以上の4億3219万円に増加します。年率10%の場合だと8年目に資産は2倍に増え、30年目には17倍以上の17億4494万円になります。

年率3%の利回りでも運用開始後24年目に資産は2倍に増えるので、長期投資をすると複利効果で資産を大きく増やせることがわかります。ただし複利運用をする場合は、利益が出ても途中で現金化せずに再投資することが必要です。

なお先に紹介したポートフォリオの中では、株式投資や不動産投資、ヘッジファンドが利回り5%以上を狙えます。中でも資産運用のプロに運用を任せたい方は、安全性を高めて効率良く資産形成を目指すヘッジファンドの比率を高めるのが良いでしょう。

貯金1億円で資産運用するときのポイントや注意点

貯金1億円で資産運用する場合は、以下の3点に注意しましょう。

  1. 長期・積立・分散が大切
  2. 資産を守ることを心がける
  3. 怪しい投資話には気をつける

最後に

お金を眠らせておくのが最ももったいない行為です。特に余っているお金なら投資するか、カジノでパーッと使って運試しでもしましょう!!

オススメのオンラインカジノ


ベラジョンカジノでは、完全日本語対応したスマホ対応のHPが用意してありアクセスする端末(PC、スマホ)の種類によって、自動的に対応しているHPを表示する仕組みになっています!

インターカジノは、完全日本語対応ですから安心してプレイすることができます。Gambling Online Magazineのベストカジノ賞を、2001年から6年連続で受賞しているオンラインカジノです。

Mystinoはヨーロッパのオンラインカジノ業界で成功を収めているグループ企業を立ち上げた、業界のベテランたちによって運営されているカジノです。

ラッキーニッキーは2017年に、エンターテイメント性が高くプレイしやすいオンラインカジノを目指し、業界の経験を積んできたメンバーによって運営開始されたカジノです。

ライブカジノハウスは今年、2018年1月に誕生した新しいカジノですが、すでに多くのユーザより人気を博し、急成長を続けています。名前の通り、ライブカジノ専門のカジノ

チェリーカジノはなんと1963年創業の老舗カジノ。長年の経験から、プレイヤーがストレスを感じることなく楽しむための工夫があちこちに施されています。
JP Aff 500x400 Jpg
スポーツベットは、完全日本語対応のブックメーカーです!ゲームの説明などはもちろん、チーム名や選手名も日本語に対応。

ウィニングキングスはVIP向けの本格オンラインカジノです。KINGS CLUBではキャッシュバックプロモーションなど、王にふさわしい皆様に満足いただける特典が用意されています。

フリー雀荘よりも安く、裏賭博の代名詞”マンションレート”よりも高い!?対人戦だから出来た本物のギャンブル、それがDORA麻雀です!
スピンパレス
2001年設立のスピンパレスはオンラインカジノ業界で最も人気のあるカジノの一つとして数々の賞を獲得。スピンパレスは、世界中のプレーヤーに愛されるオンラインカジノです。

Bettlitは欧州で創業開始した、カジノゲームのみならず、スポーツベッティングも楽しめる歴史あるオンラインカジノ。ゲーム提供会社が多い!ゲーム数が多い!

独自のリベートシステム「ギャンボラプラス」で、勝っても負けても、賭けの一部がキャッシュバック!しかも、VIPに限らず、すべてのプレイヤーがリベートをもらえます!

ビットカジノは、業界初政府公認オンラインBitcoinカジノです!名の通り、ビットコインを使ってゲームがプレイできるオンラインカジノサイトです!

2019年7月に日本語サイト運営を開始したばかりの新しいカジノですが、ゲーミング業界で長年の経験を積んだカジノ専門家によって運営され、シンプルながら充実したサービスを提供しています!

Casumoは短期トーナメントで気軽に勝負できる、フレンドリーなカジノ!カスモで制作されたオリジナルスロットゲームもあり!ここだけの楽しみを味わえます!

ロトランドでは、様々な国のロトを取り扱っています。その数はなんと、20以上!たくさんの国の様々なロトがあるので、24時間365日、好きなものを選んで遊ぶことができます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る