プライベートバンクとは?メリットやデメリットをわかりやすく紹介!

プライベートバンク

プライベートバンクとはどういったものなのでしょうか?プライベートバンクとプライベートバンキングは混同されがちですが、両者の意味は異なります。はじめに、プライベートバンクとプライベートバンキングの違いについて見ていきましょう。

プライベートバンクとは?

プライベートバンクとは、プライベートバンキングサービスを提供している金融機関のことです。プライベートバンクは金融機関で、プライベートバンキングはプライベートバンクが提供している金融サービスという点で両者は異なります。

プライベートバンクはスイス発祥の金融機関で、富裕層を対象にさまざまな金融サービスを提供しています。日本国内には専業のプライベートバンクは存在しませんが、プライベートバンキングサービスを提供している金融機関はいくつか存在します。

プライベートバンキングとは?

プライベートバンキングとは、金融機関の富裕層向けサービスのことであり、1億円~5億円以上の資産を保有する富裕層が対象です。資産運用のサポートやコンサルティングを行い、富裕層の資産を増やすことに貢献します。

プライベートバンキングサービスを利用すると専属の担当者が付き、富裕層のニーズに合致するポートフォリオを構築して資産運用を代行してくれます。

節税相談や相続に関する相談、不動産の有効活用相談も受けられ、資産に関するプライベートな相談にも乗ってもらえます。

プライベートバンクのメリット

プライベートバンクのメリットとしては、以下のものが挙げられます。
・オーダーメイドのサービスが受けられる
・あらゆる金融商品を提案してもらえる
・相続税対策や開業コンサルなどのサービスが受けられる
・長期的に関係性を構築できる

オーダーメイドのサービスが受けられる

プライベートバンクを利用すると、オーダーメイドのサービスが受けられます。顧客の資産状況や資産運用の目的に応じて、富裕層一人ひとりに合った金融サービスを提供してくれることは、プライベートバンクならではのメリットです。

ポートフォリオを構築する際は、年齢や家族構成なども考慮したうえでカスタマイズしてくれるので、顧客のあらゆる要望を反映してもらえます。専属の担当者はプライベートバンカーと呼ばれる金融の専門家であり、安心して全てを任せられるでしょう。

また、急激な円高や株価が急落したときなどは、専属のプライベートバンカーがいち早く対応してくれ、相場急変時にも大切な資産を守れることもメリットでしょう。

あらゆる金融商品を提案してもらえる

プライベートバンクを利用すると、要望に沿ったあらゆる金融商品を提案してもらえます。発行数が限定されている私募投信やヘッジファンド、優先出資証券など、一般の投資家では購入できない金融商品を提案してもらえることはプライベートバンクのメリットです。

また、劣後債や仕組債などの債券や、プライベート・エクイティ・ファンド(PE)などの高利回りが期待できる金融商品による資産運用も可能です。そのためプライベートバンクに預けておくと、資産をさらに大きく増やせる可能性があります。

なお、提案してもらえる金融商品は数多くありますが、特にヘッジファンドによる資産運用ができることは大きなメリットです。ヘッジファンドはリスクを回避しながら10%以上の絶対収益の獲得を目指せるので、資産形成に大きく寄与します。

相続税対策や開業コンサルなどのサービスが受けられる

相続税対策や開業コンサルなどのサービスが受けられることも、プライベートバンクのメリットです。専属のプライベートバンカーは税務や法務にも強く、金融商品の紹介だけでなく税金対策などあらゆる相談に乗ってもらえます。

相続税対策では、相続税を納付するための資金にできる生命保険の紹介や、相続税の節税につながる資産の組み換えの提案などをしてもらえます。また、遺産相続で残された家族が揉めないようにするための事前対策などもしてくれるので、総合的な相続対策が可能です。

さらに、医師に対する開業コンサルなども受けられます。希望に合致する物件の紹介や医療モールの紹介、開業資金の調達、医療法人化などの総合的なコンサルティングが受けられます。

長期的に関係性を構築できる

プライベートバンカーと長期的に関係性を構築できることは、プライベートバンクならではのメリットです。プライベートバンカーと顧客は強い信頼関係で結ばれており、日経の証券会社や銀行のように2~3年で担当者が交代になるようなことはほとんどありません。

また海外のプライベートバンクでは、子や孫の代に渡って関係性が持続することも多く、長期的な展望を見据えた人生設計が立てられます。一方で一般の金融機関では、プライベートバンクのような深い関係性を構築するのは難しいでしょう。

最後に

プライベートバンクを利用するメリットはさまざまです。特に、相続対策や節税対策など富裕層ならではのサポートを受けられることは、プライベートバンクならではの特徴と言えるでしょう。

一方でプライベートバンクは、利益を追い求めるよりも守りの資産運用で手堅く運用していくことを目的としているケースが多いです。

オススメのオンラインカジノ


ベラジョンカジノでは、完全日本語対応したスマホ対応のHPが用意してありアクセスする端末(PC、スマホ)の種類によって、自動的に対応しているHPを表示する仕組みになっています!

インターカジノは、完全日本語対応ですから安心してプレイすることができます。Gambling Online Magazineのベストカジノ賞を、2001年から6年連続で受賞しているオンラインカジノです。

Mystinoはヨーロッパのオンラインカジノ業界で成功を収めているグループ企業を立ち上げた、業界のベテランたちによって運営されているカジノです。

ラッキーニッキーは2017年に、エンターテイメント性が高くプレイしやすいオンラインカジノを目指し、業界の経験を積んできたメンバーによって運営開始されたカジノです。

ライブカジノハウスは今年、2018年1月に誕生した新しいカジノですが、すでに多くのユーザより人気を博し、急成長を続けています。名前の通り、ライブカジノ専門のカジノ

チェリーカジノはなんと1963年創業の老舗カジノ。長年の経験から、プレイヤーがストレスを感じることなく楽しむための工夫があちこちに施されています。
JP Aff 500x400 Jpg
スポーツベットは、完全日本語対応のブックメーカーです!ゲームの説明などはもちろん、チーム名や選手名も日本語に対応。

ウィニングキングスはVIP向けの本格オンラインカジノです。KINGS CLUBではキャッシュバックプロモーションなど、王にふさわしい皆様に満足いただける特典が用意されています。

フリー雀荘よりも安く、裏賭博の代名詞”マンションレート”よりも高い!?対人戦だから出来た本物のギャンブル、それがDORA麻雀です!
スピンパレス
2001年設立のスピンパレスはオンラインカジノ業界で最も人気のあるカジノの一つとして数々の賞を獲得。スピンパレスは、世界中のプレーヤーに愛されるオンラインカジノです。

Bettlitは欧州で創業開始した、カジノゲームのみならず、スポーツベッティングも楽しめる歴史あるオンラインカジノ。ゲーム提供会社が多い!ゲーム数が多い!

独自のリベートシステム「ギャンボラプラス」で、勝っても負けても、賭けの一部がキャッシュバック!しかも、VIPに限らず、すべてのプレイヤーがリベートをもらえます!

ビットカジノは、業界初政府公認オンラインBitcoinカジノです!名の通り、ビットコインを使ってゲームがプレイできるオンラインカジノサイトです!

2019年7月に日本語サイト運営を開始したばかりの新しいカジノですが、ゲーミング業界で長年の経験を積んだカジノ専門家によって運営され、シンプルながら充実したサービスを提供しています!

Casumoは短期トーナメントで気軽に勝負できる、フレンドリーなカジノ!カスモで制作されたオリジナルスロットゲームもあり!ここだけの楽しみを味わえます!

ロトランドでは、様々な国のロトを取り扱っています。その数はなんと、20以上!たくさんの国の様々なロトがあるので、24時間365日、好きなものを選んで遊ぶことができます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る